キレイになるための美容情報サイト

Kirei web

Sponsored Link

洗顔

今すぐ見直そう!正しい洗顔方法

投稿日:

あなたは自分の洗顔方法に自信がありますか?
その洗顔方法、間違っていませんか?

私は、あまり気を遣わずに適当に終わらせることが多かったのですが、段々と吹き出物などの肌トラブルが増え、洗顔方法を見直してみたら肌の調子が以前よりも良くなったんです。

今回はその方法をご紹介します。

肌トラブルの原因は洗顔にあるかも?

乾燥がひどくなった、しみが増えた、ニキビ・吹き出物が出来た、など…
以前より気になるようになったことはありませんか?

実は普段の洗顔方法のせいで肌トラブル起こることもあるんです。

毎日のことなので、面倒でも今すぐ正しい方法で行うと、肌トラブルの改善、今後の防止に繋がるかもしれません。

洗顔の目的

なぜ洗顔をするのでしょうか?

それは、古くなった角質や汚れ、不必要な皮脂を落とし、清潔な肌を保つためです。
ただし、大事な皮脂や角質を落とし過ぎる洗顔料もあるので、洗顔料選びも大切です。

正しい洗顔方法

それでは、具体的な洗顔方法をご紹介します。

洗顔前には手を洗う

洗顔の前には、手を綺麗に洗っておきましょう
手についた汚れで洗顔料の泡立ちを悪くしないためと、雑菌などが顔に移らないようにするためです。

ぬるま湯で予洗いをする

洗顔料をつける前にぬるま湯で洗うことで、ちょっとした汗やホコリや汚れを落とす効果と、毛穴を開かせ、本洗いの際、皮脂や汚れを落としやすくする効果があります。

ぬるま湯とは、体温より少し低い32度くらいが理想です。もしお湯の温度が高すぎると、必要以上に皮脂を落とし、乾燥の原因になることがありますので注意しましょう。

洗顔料をキメ細かく泡立てる

洗顔料を、洗浄効果の高いキメ細かい泡になるように、しっかりと泡立てます。
なかなか泡立てるのが難しいという方には、簡単にふんわりとしたキメ細かい泡を作れる、泡立てネットの使用をオススメします。

いよいよ洗顔。擦りすぎないよう、時間をかけないように注意

汚れや皮脂をしっかり落としたいからといって、ゴシゴシ洗うのは厳禁です!

肌への摩擦で肌トラブルの原因になることがあるので、注意しましょう。
手や指がなるべく肌に当たらないように、ふんわりとした泡を優しく肌に当てるようにしましょう!
また、長時間洗うことや一日に何度も洗うことも肌に負担がかかるため、肌トラブルの原因になることがあるようです。

最初は、皮脂が多く皮膚の強いTゾーンや額から洗い始め、次に頬、最後に目元周りと口周りを洗います。
目や口は皮膚が薄いデリケートな部分なので、特に優しく、泡でマッサージするように荒いましょう。

すすぎも重要なポイント

すすぎにも、ぬるま湯を使います。お湯が熱いと乾燥しやすくなってしまうためです。

ここでも擦ってしまわないよう、優しくすすぎましょう。
ゴシゴシと手は動かさず、ぬるま湯を顔に当てる、つける、という感覚です。
5〜10回程すると、もういいかな?と思ってしまいますが、その倍は更にすすぎましょう。大体20〜30回が目安と言われています。

すすぎが不十分だと、洗顔料の成分が残ることで肌トラブルの原因となるので、すすぎ残しがないようにします。
泡の残りやすい髪の生え際や顎などは特に注意しましょう。

洗顔後のケア

洗顔後は、柔らく清潔なタオルを優しく顔に当てましょう。
水分を吸収させることが目的なので、ここでもゴシゴシと擦ることは厳禁です!

水気を拭き取れたら、しっかりと保湿をしましょう。

毎日の洗顔で肌トラブル知らずになろう!

いかがでしたか?
あなたの洗顔方法と違う点はありましたか?

私自身、ちょっとした意識の変化で、本当にニキビ・吹き出物が出来にくくなったり、乾燥しにくくなったりしました。

ぜひ毎日の洗顔を見直し、将来肌トラブルに悩まない肌を作りましょう!

Sponsored Link

Sponsored Link

-洗顔

Copyright© Kirei web , 2017 AllRights Reserved.