キレイになるための美容情報サイト

Kirei web

Sponsored Link

おりもの デリケートゾーン

「おりもの」の悩みNo.1、おりものの量が多い人への対策

投稿日:

「おりもの」の悩みといえば、「量が多い」「ニオイが強い」などがまず挙がるのではないでしょうか?
なかなか恥ずかしくて人には相談しにくい、おりものの悩み。

生理と同じように、おりものにも周期があります。
おりものは女性ホルモンの影響を受けており、量が最も多くなるのは排卵前後です。逆に、最も量が少なくなるのは月経後

汗と同じで、おりものの量には個人差があるのは当たり前。
必要以上に悩む必要はありませんが、もしも生理が終わったあとなのにおりものの量が多い、常に多い…という場合、一度生活習慣を改善してみるのはいかがでしょうか?もしかしたら、少し解消されるかもしれません。

>>>おりものって一体何?おりものに関する基礎知識

生活習慣の改善で、おりものの量を減らせる?

おりものの量が異常、ニオイが悪臭や腐敗臭だという場合などには病気の可能性も考えられるため、少しおかしいなと思った場合には婦人科などを受診した方が良いかと思います。

>>>正常な「おりもの」と、注意すべき「おりもの」の違い

ですが、そこまでではないけど量が多いのが気になる…皆こんなに多いものなの?私だけ?と悩んでいる場合、普段何気なく行なっている生活習慣をちょっと変えてみると、改善された!というケースもあるようです。

具体的な対処法を見てみましょう。

1.デリケートゾーンの洗いすぎはNG

おりもののニオイが気になるあまり、デリケートゾーンを洗いすぎている場合はすぐにやめましょう。

膣内は弱酸性の状態が保たれており、感染症などにかからないよう、善玉菌が雑菌から守ってくれているのです。石鹸やボディソープでゴシゴシ洗ったり、膣内まで洗ったりすることは、この善玉菌も洗い流してしまい、自浄作用が低下してしまいかねません。
過剰に洗いすぎると、デリケートゾーンを守ろうとするあまり、おりものの分泌が更に増えてしまうこともあります。

また、体と同じ石鹸やボディソープを使うと刺激が強すぎるため、デリケートゾーン専用の石鹸で洗うのがオススメです。

>>>誰も教えてくれない、デリケートゾーンの正しい洗い方

2.おりものシートはマメに交換しよう

下着におりものが付着するのが嫌で、おりものシートを使用している方もいるかと思います。
私も、下着におりものがついてしまうと不潔に感じてしまうため、シートを毎日使用しています。もうおりものシートがないと生きていけません(笑)

ですが使い方を誤ると、実はおりものシートをつけていないときよりも不潔になってしまうのです。
というのも、シートを長時間つけたままにしておくとデリケートゾーンはムレてしまい、雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。これがニオイの原因になったり、おりものの量が増える原因になったりします。
もしシートが汚れていなかったとしても、2〜3時間でマメに交換することをオススメします。

3.通気性の良い下着、洋服を身につける

上記でも記載したように、通気性をよくしてデリケートゾーンをムレさせないことが大切なことのひとつです。

下着は締めつけがキツくないもの、また素材は化学繊維ではなく、通気性のよいコットンやシルクのものがオススメです。
また、おりものの量が多い場合は特に、タイトなパンツスタイルよりスカートなどの通気性の良いものを着用した方が良いかと思います。さらにストッキングやタイツなどもムレやすいので注意しましょう。

4.免疫力を高める

免疫力が低下していると、おりものの量が増えることがあります。
疲労やストレスが溜まっていることが原因で、腟部に軽度の炎症などを起こしているかもしれません。体に十分な休養をとらせてあげることで免疫力が高まり、炎症が治まる可能性があります。

また抗生物質を服用しすぎていると、体の抵抗力が下がり自浄作用を高めてしまうため、おりものが増えます。もちろん病気で抗生物質を服用しているケースもあると思いますので、すぐに中止するという必要はありませんが、むやみやたらと服用するのは控えた方がよいかと思います。

5.ビデの使用にも注意しよう

ビデを1日に何度も使うのはやめましょう。
膣内で雑菌の侵入を防いでくれている善玉菌まで洗い流してしまいます。そうすると膣内の抵抗力が低下し、おりものの分泌が更に増えてしまうこともあります。

6.甘いものの摂りすぎに注意しよう

雑菌は糖分が大好き!血糖値が上昇すればするほど、雑菌が繁殖しやすくなります。出来るだけ甘い物を摂りすぎないようにしましょう。
また、食生活は栄養のバランスを考えて肉類や乳製品の摂りすぎにも注意しましょう。おりもののニオイがキツくなる原因にもなります。

 

生活習慣の改善は、おりものだけでなく自分にも優しい

最近、疲労やストレスが溜まっていませんか?甘いものばかり食べてしまってはいませんか?おりものの量が多いあまり、デリケートゾーンを洗いすぎていませんか?

生活習慣を少し変えるだけで、おりものの状態が改善されるかもしれません。おりものだけでなく、自分自身の心と体の健康にも繋がるかもしれません。まずは、心と体に優しい生活を、身近なところから始めてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

Sponsored Link

-おりもの, デリケートゾーン

Copyright© Kirei web , 2017 AllRights Reserved.