キレイになるための美容情報サイト

Kirei web

Sponsored Link

おりもの デリケートゾーン ボディケア

正常な「おりもの」と、注意すべき「おりもの」の違い

投稿日:

おりものの悩みで多いのが「量が多い」「ニオイが強い」などだと思います。ですが、おりものは個人差があるもの。

さらに女性ホルモンの分泌量に左右されるため、「いつもと違うかも」と思っても、実は体調の変化のせいだったということも。
そのため、なかなか難しいかもしれませんが、自分のオリモノの特性を理解しておきたいところ。

何か病気やトラブルが起こったときにすぐに気づけるよう、正常なおりものか、異常なおりものかを判断できるようにしたいですね。

今回は、一般的な例を挙げ、正常なおりもの、注意すべきおりものをご紹介します。

 

正常なおりものと異常なおりものを見分けよう

普通のおりものってどんなもの?

おりものは、子宮や膣の分泌物や古い細胞などが混ざり合った、液体状のものをいいます。

一般的には無色透明もしくは白色をしており、少し粘り気があります。また、少し酸っぱいようなニオイで、月経前にはニオイが強くなることもあります。
量が多くて悩んでいる方であっても、おりものシートでカバーできるのであれば基本的には問題ないようです。

また排卵期には、かなり粘り気のあるおりものが出ることがありますが、正常なことなので心配はいりません。

>>>おりものって一体何?おりものに関する基礎知識

注意すべきおりもの

おりものの色が白濁で、ポロポロしている。

おりものの量が多く、ヨーグルトや、カッテージチーズのようにポロポロしている場合、カンジタ膣炎などの可能性があります。これは、強いかゆみや痛みを伴うことが多いです。

おりものの色が黄色や黄緑色である

おりもの黄色で悪臭が強いする場合、トリコモナス膣炎などの可能性があります。おりものが膿のようで黄緑色、量も多く悪臭がする場合、淋菌感染症の可能性があります。

おりものの色が赤色・赤褐色・赤茶色で、不正出血がある

生理時以外で、おりものに血が混ざっているなどの不正出血が考えられる場合、子宮頸ガンなどの可能性があります。さらに膿のような状態、悪臭がする場合は注意です。

悪臭がする

少し酸っぱいニオイであれば正常ですが、異常な悪臭や腐敗臭がする場合には注意が必要です。トリコモナス膣炎や細菌性膣炎などの可能性も考えられます。

おりものシートではカバーできないほど量が多い

おりものの量が急に増えた場合や、常に量が多い場合は注意が必要です。また、異常な色や強いニオイ、かゆみも伴う場合には、子宮頸がんなどの可能性も考えられます。

 

自分のおりものの特徴を知っておこう

今回の紹介は、あくまで一例になります。このような症状があれば、必ずしも病気であるという訳ではありません。

また、上記以外にも、明らかにいつもと違うとみられる症状を感じる場合には、早めに婦人科などを受診することをオススメします!

毎日おりものを観察することで、異常に気づきやすくなります。自分の体のことを知って、すぐに対応できるようにしましょう。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-おりもの, デリケートゾーン, ボディケア

Copyright© Kirei web , 2017 AllRights Reserved.