キレイになるための美容情報サイト

Kirei web

Sponsored Link

おりもの デリケートゾーン ボディケア

おりものって一体何?おりものに関する基礎知識

投稿日:

おりものとは、女性の体から「おりてくるもの」

初めて見たときは、びっくりした方も多いのではないでしょうか?
私が初めて見たときは、病気!?と思ってしまいました。恥ずかしくて、なかなか周囲の人に聞けるようなことではなかったので、もしかして私だけなんじゃないか…と思ってしまったほどです。

ですが、このおりものは女性であれば誰でもあるもの。
おりものに対して正しい理解を深めることで、ちょっとしたおりものの変化による不安を感じずに済むほか、体の不調(病気など)にもいち早く対応できるのではないでしょうか。

今回は、そんなおりものの基礎知識について、ご紹介します。

おりものってなに?

おりものは、子宮や膣の分泌物や古い細胞などが混ざり合った、液体状のものをいいます。 通常は、透明で白色、粘り気がある液体。少しすっぱいニオイがすることもあります。

このおりもの、生理と同じように女性ホルモンの影響を受け、一定の周期(約1ヶ月)で繰り返しています。その一定の周期に合わせて、状態や量が変化していくんですね。

そのため、おりものの変化を見れば「生理が近いかも」「そろそろ排卵日かも」と、自分の体の状態がわかるひとつの目安になります。

おりものの主な働き

それでは、なぜ「おりもの」があるのでしょうか?
下着が汚れたり、ムレやかゆみの原因になったり…厄介者扱いをされることが多いおりものですが、女性の体を健康に保つ働きをしてくれています。

おりものには、主に2つの働きがあると言われています。

1.自浄作用

古くなった老廃物を排出してくれるほか、膣に潤いを与え、細菌などが膣内に入ったり繁殖したりしないよう、弱酸性で清潔な状態を保ってくれています。

2.受精を助ける

妊娠の可能性が高くなる排卵期には、おりものの量が増えることによって受精の手助けをしてくれます。それにより、精子がスムーズに子宮に到達できるような働きをしてくれます。

 

おりものの

おりものは、月経と同じように周期があるとお伝えしました。具体的にはどのように変化するのでしょうか?

月経直後はサラサラで量も少ないです。最も快適な時期ではないでしょうか。

排卵前排卵期

受精の手助けをするために、おりものの量が増えていきます。透明で、粘り気の強い液体です。排卵期にはおりもの量が最も多くなります。

排卵後

排卵期を過ぎると、おりものの量は減り始め、次第に白濁の色になります。

ピーク時ほどではないものの、月経直前には再びおりものの量が増え始めます。白濁色で、少しニオイが強くなることもあります。月経直前だと、血液が混ざることも。

 

年齢によって変化

おりものは、女性ホルモンの影響を受け変化していくので、年齢によっても量が変わっていきます。具体的に、年齢別で見ていきましょう。

10

初潮を迎えた後から、少しずつ増え始めます。まだ女性ホルモンのバランスが不安定な時期のため、おりものの量も増減が激しく、不安定になります。

20

出産をすることが多いこの年代は、女性ホルモンの分泌が最も増え、それに伴いおりものの量が最も多くなります。

30代

20代に続いて量はまだ多く、少しニオイが強いことも。

40

徐々に閉経に向け、女性ホルモンの分泌も減少することにより、おりものの量は少しずつ減少していきます。

閉経後

女性ホルモンの分泌が減少していくため、おりものの量がかなり減少します。

おりものには個人差がある

いかがでしたか?
今回ご紹介したのは、あくまで一般的なものです。おりものの量、色、ニオイなどには個人差があり、自分のおりものでもホルモンバランスの乱れなどによって変化することもあるようです。

人と比べることがなかなか出来ないので、異常を察知するのはなかなか難しいかもしれませんが、いつもよりおりものの状態が異様におかしいな、と感じる場合は婦人科などを受診することをオススメします。

Sponsored Link

Sponsored Link

-おりもの, デリケートゾーン, ボディケア

Copyright© Kirei web , 2017 AllRights Reserved.