Sponsored Link

ネイル

セルフジェルネイルをする人必見!ジェルネイルが長持ちする4つの対策

投稿日:

手や爪がキレイに見え、マニキュアより長持ちする人気のジェルネイル。最近は、自分でも出来るセルフジェルネイルキットもたくさんの種類が発売されており、誰でも簡単にジェルネイルを楽しめるようになりました。

でも、すぐに剥がれてしまったモチが悪い…などの悩みを持ったことはありませんか?

そんなあなたに、少しでもジェルネイルのモチが良くなるケア方法をご紹介します!

 

ジェルネイルの寿命はどのくらい?

ジェルネイルの平均的な寿命は、爪が伸びるスピードにもよりますが、長くても3〜4週間ほど。それよりも早く取れてしまう…という場合は、何か原因がないか思い浮かべてみましょう。

 

ジェルネイルが剥がれやすくなる原因

ジェルネイルが寿命より早く取れてしまうケースとして、このような事柄が挙げられます。

・指先・爪先をよく使う
・水に触れることが多い
・紙などに触れることが多い
・爪が薄い

もしどれかに当てはまる場合、それぞれの対策をしていきましょう!

 

ジェルネイルを長持ちさせるための対策

指先・爪先に衝撃を与えないようにする

足の爪のジェルネイルが、指よりも長持ちするのは何故だと思いますか?爪が伸びるのが指の爪よりも遅いという理由もありますが、足の爪への衝撃に比べ指への衝撃の方が圧倒的に多いからなんです!

パソコンをよく使う場合など、少なからず無意識に爪に衝撃を与えてしまい、ネイルが剥がれやすくなってしまいます。

それ以外でも、爪を使ってテープをはがしたり…日常の中で爪を使ってしまうことはよくあることです。

でもそこはぐっと堪えて。少しでもネイルを長持ちさせるため、なるべく指の腹を使うなど、意識的に爪を使わないようにしましょう!

また、シャンプーをするときに指を使うと爪に負担がかかってしまいます。シャンプーブラシを使うことで、指先への負担を軽減させるのがオススメです。

 

水仕事にはゴム手袋を!

ジェルネイルは、水分に弱い性質があります。そのため、海やプールに頻繁に行く、長風呂が多い、水仕事が多い方などはきっとモチが悪いと思います。

炊事の際にはゴム手袋やビニール手袋をつけるのがオススメです。なるべく水に触れさせないことに加え、洗剤に含まれる界面活性剤が手や爪を乾燥させてしまうので、それを防ぐことも出来ます。

また、長風呂をすると、肌と同じく爪もふやけてしまいます。するとジェルネイルと自爪に隙間が出来てしまい、はがれやすくなります。

長風呂をするときは指はお湯に長時間浸けないようにしましょう。

 

乾燥には、マメに保湿を

爪が乾燥すると、ジェルネイルが剥がれやすくなってしまうので、しっかり保湿することを忘れないようにしましょう。特に書類などの紙などを触る機会が多い場合は、爪や指の水分・油分を取られ、乾燥しやすくなります。

マメにハンドクリームやオイルで甘皮を中心に保湿をして、ケアしてあげましょう!

 

ジェルのお直しも大事

爪が薄い、柔らかいなどの場合、なかなか対策が難しいですよね。そんなときは、ジェルネイルを定期的にお直しするなどの対策をとりましょう。

トップコートを定期的に塗ると、自爪の保護が出来る上に浮いてきたジェルを抑えることも出来ます。さらにオススメなのは、セルフジェルネイルをされる方であれば、ベースコートを塗る前の一手間にこれを!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ディアローラエターナルEB ボトルジェルフィッター tuku-01 6ML
価格:902円(税込、送料別) (2018/3/15時点)

 

ジェルフィッターを使うと、ジェルの密着度がアップし、剥がれにくくなります。フィッター → ベースコート → お好みのカラーのジェル → トップコートという順番で塗って下さいね!

 

少しの気遣いで長持ちさせよう!

ジェルネイルをしたらそのままにせず、普段の生活の中で、少し爪に気を遣うだけでモチは良くなるはずです。

面倒だと思わず、ケアをすることを心がけましょう♪

Sponsored Link

Sponsored Link

-ネイル
-

Copyright© Kirei web , 2018 AllRights Reserved.