キレイになるための美容情報サイト

Kirei web

Sponsored Link

アンケート デリケートゾーン

我慢できないデリケートゾーンのかゆみ、みんなはどう対処しているの?女性の体験談

投稿日:

皆さんは、デリケートゾーンのかゆみが気になって仕方ない!!という経験はありますか?

以前お伝えしたこともあるのですが、私自身、おりものが多くて痒みやニオイが気になる経験をしたことがあります。

そういうのって、何故か仕事中や人と一緒にいるときなどに限って起こるんですよね(笑)かゆみが気になって話や会議に集中できない!なんてことがないように、原因と対策は気になるところ。

 

かゆみの原因

かゆみの主な原因は、下記のようなことが挙げられます。

  • 下着やナプキン、アンダーヘアなどが原因のムレによるもの
  • 免疫力の低下によるもの
  • ボディーソープの刺激によるもの
  • 病気によるもの

病気が原因だと考えられる場合は婦人科などを受診することを強くおすすめしますが、それ以外の原因だと思われる場合、デリケートゾーンを清潔に保ち、ムレや刺激を与えないようにすることが有効だと言われています。

>>>我慢してない?デリケートゾーンのかゆみ、原因と対策

それでは、一般の女性の皆さんは一体どのような対策を取っているのでしょう?

体験談としてアンケートを取ってみましたので、いくつかご紹介したいと思います。

コピペライターの方、コストをかけて収集した体験談ですので、利用される場合は引用の表記とリンク貼付をお願いします。

 

みんなのかゆみ対策

アンダーヘアを処理している

仕事中にたまにかゆくなり、いつもなんとか我慢しています。

デリケートゾーンのかゆみって陰毛が中に入り込んだりするのでとても辛いです。そのため、私は陰毛を剃ってしまいます。最初に長い毛をハサミで切ってから泡を乗せて肌が荒れないようにカミソリで剃っていきます。

陰毛が邪魔してかゆくなることって結構あったし、夏場だと蒸れるし水着や下着からはみ出るのがすごく恥ずかしかったのでそうしています。

 

アンダーヘアが当たってかゆい、またアンダーヘアが多い場合はムレてかゆみの原因になることがあります。

アンダーヘアの毛量が多い、長さがある、という方は、アンダーヘアを処理してみることでかゆみが解消・軽減されるかもしれません。

 

デリケートゾーンの保湿をする

アンダーヘアを剃ったあと、肌荒れでかゆくなってしまうのでニベアを塗るようにしています。青缶のニベアは保湿力はすごい良いのですが、伸びが悪いのでチューブタイプのものがお勧めです。

また、保湿力がもっと欲しい場合は顔に付ける化粧水も使っています。これを使うとクリームを使うだけよりもかゆみが減って肌荒れも防げますので、すごくお勧めです!今もこの方法で行っていますが、今のところかゆみも少なくいい感じです。

 

デリケートゾーンの皮膚は通常の皮膚よりも薄く敏感なので、カミソリなどでのアンダーヘアの処理をしたあと、かゆみを引き起こすことがあります。

保湿をしてあげると、炎症や肌荒れを抑えてかゆみを軽減させることが出来ます。

ニベアが万能であることは近年話題になっていますが、デリケートゾーンに使用することを想定されていないため、思わぬトラブルが起こる可能性もあります。

デリケートゾーンの保湿には、デリケートゾーン専用の美容クリームを使用することをオススメします。

 

デリケートゾーンを乾燥させる

デリケートゾーンをムレないようにするのはとても大切なこと。

今回のアンケートでとても興味深い回答をして頂いた方がいたので、ご紹介したいと思います。

これまでの三十余年の人生を通して、デリケートゾーンの痒みや痛みなどの不快感には、乾燥させることが一番だと思っています。医療関係の仕事をしていて、処方箋もすぐに出してもらえる環境にいるのですが、「デリケートゾーンの不快感には乾燥が一番!」と、思っています。

皮膚科に行けば処方箋を出してもらえます。けれども、薬を塗ってしめらせておくよりも、ドライヤーでデリケートゾーンを乾かして、そして家の中では下半身を乾燥させておく方が早く治るんですもん。実体験からそう思うのです。

もちろん、皮膚科に来るような患者さんにはそのような治し方は私の口からはオススメしません。デリケートゾーンをドライヤーの熱風で乾かすのですから、火傷をしないように注意する必要はありますし、それに家の中で下半身裸になることによって、脚だって冷えますからね。ですからまさか医療関係者として推奨なんてできませんが、私的に最も効果のあるデリケートゾーンのトラブルの対処法は「乾燥させておくこと」だと思っています。

 

とても大胆かつシンプルな方法だと感じました。

たしかにこの方法だとデリケートゾーンがムレにくいので、雑菌の繁殖は抑えられるのかもしれません。

ただ、顔が乾燥しすぎると肌トラブル引き起こすことがあるのと同様に、デリケートゾーンも乾燥しすぎてかゆみが悪化したり、ドライヤーの熱風による刺激が良くない場合もありますので、あくまで参考としてお考えください。

個人的には、通気性のよい下着を身につけたり、ナプキンやおりものシートをこまめに取り替えたり、タイトなデニムやタイツ・ストッキングの着用を控えてスカートにしたりして、普段の行動の中でデリケートゾーンをムレさせない方法を考えることをオススメします。

 

まとめ

一言で「かゆみ」と言っても、原因や有効な解決策は人それぞれ。

ただ、デリケートゾーンがかゆいのは「異常があるよ!」というサインです。何かしらの負担を与えているはずなので、原因として考えられることにについて解決策を試してみましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

-アンケート, デリケートゾーン

Copyright© Kirei web , 2017 AllRights Reserved.