キレイになるための美容情報サイト

Kirei web

Sponsored Link

デリケートゾーン

我慢してない?デリケートゾーンのかゆみ、原因と対策

投稿日:

デリケートゾーンのかゆみが気になる!!
でも家族や友人にも恥ずかしくて言えないし、かゆいからといって、かくことも出来ない…そう悩んだ経験はありませんか?

私はあります…。

おりものが多くて痒みやニオイが気になる…もしかして病気!?

と悩んだ時期がありました。恥ずかしくて誰にも相談できませんでした。でも実は、デリケートゾーンについて悩みを抱えている女性は意外と多いのだそうです。

原因は様々ですが、もし病気が原因だったら大変です。

ですが、ほとんどの場合はきちんと対策をとれば解決するケースが多いのです。実際、私もあの手この手で試してみたところ、かゆみから解放されることが出来ました!

今回、かゆみの原因と対策をご紹介しますので、対策できることはないか、確認してみましょう。

 

かゆみの主な原因

1. 下着、生理用ナプキン、アンダーヘアなどが原因によるムレ

デリケートゾーンはとてもムレやすい環境にあります。

多くの場合、デリケートゾーンのかゆみの主な原因は、ムレによるものです。

主にムレに繋がる原因はこちらです。

生理用ナプキン・おりものシートによるムレ

生理用ナプキンやおりものシートを着用すると、ムレやすくなり、かゆみやニオイの原因になります。

また、生理用ナプキンやおりものシートをこまめに変えないと、デリケートゾーンがずっと蒸れたままで雑菌なども繁殖しやすくなり、不衛生なばかりか、かぶれによるかゆみが広がります。

ナプキンの素材によっては、肌に合わずデリケートゾーンのかゆみが生じることもあります。ナプキンを使用したときだけかゆみを感じるという場合は、ナプキンを見直してみてはいかがでしょうか。

下着によるムレ

化学繊維の下着を着用している場合、湿気がこもりやすくなり蒸れて雑菌が繁殖し、かぶれやかゆみを引き起こすことがあります。

汗によるムレ

デリケートゾーンには汗腺が2つあるため汗をかきやすい部位ですし、さらに下着を常に着用しているので通気性も悪いので、ムレやすくなります。

アンダーヘアによるムレ

アンダーヘアを短くせずナチュラルのままにしている場合、汗が溜まってムレたり、肌との摩擦も生じたりするため、かゆみが生じることがあります。

 

2. ストレスなどで免疫力が低下している

日常生活でのストレスが溜まっている、病気をしているなど、免疫力が低下しているときは、ちょっとしたことで細菌が繁殖しやすくなります。

また、生理中はお肌がいつもよりも敏感になっています。ナプキンのちょっとした刺激だけでも肌がかぶれ、かゆみが生じることも。

生理中には、なるべく刺激を与えないように心掛けることが大切です。

 

3. ボディソープの刺激によるもの

デリケートゾーンの正しい洗い方でもご紹介しましたが、女性の膣内は弱酸性に保たれていることによって、雑菌などから体を守っています。

そこを市販のアルカリ性の石鹸で洗うと、善玉菌までも洗い落し、雑菌などが入りやすくなります。

 

4. 病気によるもの

生理中にいつもかゆみを感じる場合、もしくは軽いかぶれであれば、市販の薬を塗って様子を見てみましょう。

かゆみがひどい、またはおさまらない場合・おりものが普段と違う場合など、少しおかしいと感じたら、一度婦人科や皮膚科などを受診したほうが良いかと思います。

 

かゆみの対策

病気(性病)の可能性が考えられる場合、医療機関を受診することをオススメするのですが、それでは、それ以外の原因に対しては、どのように対策をすれば良いのでしょうか?

1. フェミニーナ軟膏を試してみる

デリケートゾーンのかゆみに有効であると人気の「フェミニーナ軟膏」

たしかに、とりあえず何とかしたい!というときは、とても心強いです。私自身、かゆみが我慢が出来なくなって試してみたことがあるのですが、一時的であれば効くかも!という印象でした。

ただし耐性ができてしまうため、塗り続けていると効き目が弱くなってくるようなんです。

一旦かゆみが治ったと思っても、またかゆみが再発してしまうので、根本から対策することが大切だと思いました。

2. 肌に優しい下着をつける

ナイロンやポリエステルなどの通気性の優れない化学繊維の下着はなるべくやめ、シルクやコットンなど通気性に優れている下着を着用すると良いでしょう。

これは、以前ご紹介した、デリケートゾーンの黒ずみ対策にもなります。

>>>なかなか人に聞けない…デリケートゾーンの黒ずみ対策どうしたらいい?

3. 生理用ナプキン・おりものシートをこまめに取り替える

生理用ナプキンやおりものシートを、汚れていないからといって長時間付けたままにするのは厳禁です。2、3時間程度で取り替えるようにしましょう。

こまめに生理用ナプキンを替えているのに、かゆみがおさまらない場合、また、ナプキンを付けているときにだけデリケートゾーンがかゆくなるという場合は、使用しているナプキンが肌に合っていないのかもしれません。

肌に優しい繊維、また敏感肌用のナプキンなどを試してみるのはいかがでしょうか。

4. アンダーヘアの毛量を減らす

アンダーヘアの量が多いと、ムレや摩擦によりかゆみに繋がるので、毛量を減らすのをオススメします。

脱毛するのも一つの手ですが、短くするだけでもかなり違います。私はヒートカッターを使って短くしました。それだけで、ムレ感が全然違います!

アンダーヘア革命セット

5. デリケートゾーン専用のソープで洗い、保湿ケアをする

デリケートゾーンは通常の皮膚より敏感なので、普段のボディーソープを使うと、刺激が強すぎて、 かゆみが生じることがあります。弱酸性で低刺激なデリケートゾーン専用のソープなどを使うと、より安心です。

さらに、お風呂から出た後は、デリケートゾーン専用のクリームを塗りしっかり保湿をしましょう。

>>>誰も教えてくれない、デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンを清潔に保ち、かゆみ予防を!

今回紹介したのはあくまで参考になりますが、もし心当たりがあれば、ぜひ予防として試してみて下さい。

私は、今回ご紹介した対策をほとんど試してみました!

ナプキンやおりものシートは、自分ではこまめに替えているつもりでしたが、より短時間で替えるように。
アンダーヘアを短くし、さらにデリケートゾーン専用のソープ・保湿クリームを使用しました。

そうすると、今まで悩まされていた、おりものの量・ニオイ・かゆみが嘘みたいに改善されたのです!

私が気を遣ったのは、デリケートゾーンを常に清潔にするよう心がけること。そして保湿をして乾燥や摩擦を防ぐことです。

ちょっとした対策が、かゆみを根本的に解消することに繋がるかもしれません。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-デリケートゾーン

Copyright© Kirei web , 2017 AllRights Reserved.