キレイになるための美容情報サイト

Kirei web

Sponsored Link

クレンジング スキンケア

肌に負担をかけてない?正しいクレンジング方法

投稿日:

クレンジングが必要な理由

クレンジングが必要なのは、メイクの汚れを落とすためです。

クレンジングはメイクなどの油性の汚れを落とし、
洗顔は、ほこりなどの水性の汚れを落とす役割があります。

メイク化粧品には油分が含まれているため、洗顔だけでは落としきることができません。
そのため、クレンジングでメイクを落とす必要があるのです。

クレンジングを行う上での注意点

まず、時間のかけすぎは禁物。クレンジングは丁寧に、素早く行うことが大切です。

クレンジングは肌への負担が大きいので、必要以上の時間をかけると、乾燥や肌荒れの原因、また本来肌を守る為に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

その為、クレンジングを行う場合には、基本は「約1分」で終わらせるように注意しましょう。

また、メーカーやブランドの推奨する使い方を守るということも大切です。

正しいクレンジング方法

2.クレンジングの前に手を洗おう

“正しい洗顔方法”のときもお伝えしましたが、クレンジング前に手を洗い、清潔にしましょう。
たくさんの菌がついたままの手で顔に触れると、さまざまな肌トラブルを引き起こす可能性があります。

2.ポイントメイクは先に落とそう

最も落ちにくいメイクは、アイメイクや口紅です。
ベースメイクと落としにくいポイントメイクを一緒に落とそうとすると、力が強くなり、摩擦による肌へ負担、肌トラブルを引き起こす可能性があります。

そのため、ポイントメイク用のクレンジングで先にアイメイクを落とすことをお勧めします。
目元は皮膚がとても薄くデリケートです。きちんとメイクを落とさないこと、また落とす時に強くこすったりすることが色素沈着の原因になってしまうので、注意しましょう。

3.クレンジングの使用量を守る

クレンジングの使用量が少ないと、きちんとメイクが落ちなかったり、肌となじませる際に摩擦が大きくなり肌への負担がかかる場合があります。
クレンジングは、メーカー・ブランド推奨の使用量を必ず守るようにしましょう。

手のひらで少し温めてから使用すると、メイク汚れが落ちやすくなります。

4.クレンジングは乾いた手で使う

クレンジングに水が加わると洗浄力が落ち、肌をこすりすぎてしまいがちです。
そのため、お風呂場・濡れた手でも使えるクレンジング料であっても、できるだけ乾いた手で使うことがおすすめです。

5.Tゾーン、頬、目元・口元と、皮膚の強い順番に洗う

顔の皮膚のなかでも、比較的皮膚の強いTゾーンから洗い始めましょう。

続いて頬、小鼻、そして最後に皮膚の薄いデリケートな目元と口元の順番でクレンジング剤をなじませていきます。

6.ぬるま湯ですすぐ

熱いお湯ですすぐと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌や敏感肌、肌荒れ、ニキビなどを引き起こす原因になります。
また、冷たい水だと油がきれいに落ちません。体温よりも低い30度くらいのぬるま湯が最適です。

すすぎ残しがないようにしっかりと2〜30回すすぎましょう。

7.ダブル洗顔をしよう

肌を清潔にするために、メイク汚れを含んだクレンジング剤もきれいに洗い流すことが大切です。
最後に洗顔料や石鹸で洗顔を行ないましょう。

>>>正しい洗顔方法はこちら

まとめ

いかがでしたか?

ポイントは、摩擦で肌を傷つけないことと、丁寧に素早く行うことです。

正しいクレンジングと洗顔で、すっぴん美人を目指しましょう!

Sponsored Link

Sponsored Link

-クレンジング, スキンケア

Copyright© Kirei web , 2017 AllRights Reserved.